オトナ女子のライフスタイルマガジン「Ladies&Sheep」

レディース&シープ

押さえておこう!結婚式お呼ばれドレス基本のキ

スポンサードリンク

結婚式で恥をかかないお洒落なパーティドレスの選び方

結婚式場スタッフがずばり解説!

華やかな結婚式には素敵なパーティドレスを着て、目一杯おしゃれを楽みたいものですね!

でも結婚式の服装には細かいルールが多く、ドレス選びに頭を悩ませている女性も多いのではないでしょうか。

「マナー違反だったらどうしよう」「何を着れば良いか分からない」「式場で浮かないかしら?」女性の悩みは様々です。

今回は、結婚式場に勤務していたわたしの経験から、結婚式の参列前に知っておきたいドレスマナーと、お呼ばれドレスの基本についてずばり解説します!

お呼ばれドレスを選ぶポイント

結婚式のパーティードレス選びのポイントは、まず第一に華やかさとフォーマルさです。

新婦のドレスや会場の装飾をさらに彩るのは、何といっても女性ゲスト!素敵に着飾った女性が並んでいると、会場に花が咲いたように一気に場の雰囲気が盛り上がります。

とはいえ、おめでたい日だからといって派手すぎるカラードレスを着るのは避けましょう。あくまでも主役は新郎新婦であることを忘れずに。

主張しすぎない淡いピンクやネイビー系など、上品なカラーを選びましょう。

生地に関してもシフォン生地やレースなど、質が良く柔らかい雰囲気の素材を選ぶと、女性らしさがアップしますね。

年齢や役職に相応しいドレスの色と形

ドレスには様々なカラーやシルエットがありますが、その時々の年齢や役職にふさわしいドレスを選ぶことも大切です。

20代の女性でしたら、淡いピンクやフリルなど可愛らしいドレスが若々しくて素敵です。パッと目を惹き、見ているだけで微笑ましくなるような華やかさがありますね。

一方、30歳前後からは徐々に落ち着いたドレスが好まれるようになってきます。ベージュやペールブルーなどの上品な色味のドレスも、落ち着いた品の良さがありますね。

ピンクが好きな人は、ベージュピンクなどの優しい色合いのピンクを選びましょう。違和感がない優しい雰囲気が生まれます。

年齢に応じたドレスのシルエット選びも重要なポイント。大人の女が目指すスタイルは、ふわふわミニではなく、膝が隠れる位のスッキリとしたタイトなラインが適切です。

落ち着いたデザインを上品に着こなしてこそ、大人の女性の魅力が輝きますね!

自分の年齢とあまりにもかけ離れたドレスを着ると、周囲から浮いてしまいがちです。

おしゃれを楽しみながらTPOに合わせたドレスを選ぶのが、大人フォーマルのマナーです。

ママだってお洒落したい!ちょっと一工夫

お友達の中で結婚一番乗りを果たした女性のの場合、友人の結婚式に出るときは子育て真っ最中のママが多いのでは?子連れで結婚式に参列するという方も少なくありませんね。

おめかししてお出かけできるチャンスに喜ぶ反面、子供の面倒には頭を悩ませます。子供がグズらないか、人に迷惑をかけないか…など、ママの心配の種は尽きません。

キレイで活動的なママであるためにも、ママのパーティドレス選びはひと工夫が必要です。

子連れの結婚式参列では、まずは動きやすさが第一。赤ちゃんを抱っこしたり、急に走り出す子供を追いかけたりと、会場でもママは落ち着いている暇はありません。

親族である場合を除き、着崩れする和装ではなくパーティードレスを着る方が大半です。

しかし、和装に比べてドレスが着崩れしにくいとはいえ、子供と一緒にバタバタ動きまわっていると着崩れや皺が心配ですね。

せっかくおしゃれしたのに、気付けば着崩れてボロボロ…なんてことがないように、最初からそのような心配が少ないドレスを選んでおきましょう。

細かいプリーツのデザインや皺になりにくい素材を選んでおくと、頻繁に立ったり座ったりしても安心ですね。

また、小さい子供は目の前のものを触りたがるので、ふわふわした素材やレースのショールなどは望ましくありません。羽織物は、ずれやすいショールよりもボレロがおすすめです。

袖付きのドレスにして一枚で着ても、すっきりと見えて素敵ですね。

授乳中の女性のために、授乳口付きのパーティドレスもあります。赤ちゃんがグズりだしても、式場内の授乳室に行けばすぐにおっぱいをあげることが出来るので便利ですね。

デザイン自体は普通のパーティードレスと殆ど変わらないので、見た目には授乳用のドレスだとは分かりません。

出産後まもなくで、まだスタイルが戻りきっていない女性は、ゆったりしたデザインのドレスを選べば体型をカバーできます。

普段は育児に奮闘しているママも、ちょっとした工夫できちんと感があるパーティードレスを上手に着こなすことができます。

親子でおしゃれをして、特別な一日を思いきり楽しみましょう。

これを選んじゃ駄目!結婚式のNGドレス

知っておかないと恥ずかしい?!ドレスのNGカラー

お呼ばれドレスのNG例でよく知られているのは、全身が白のドレスを着てはいけないということです。白は花嫁の色なので、それにかぶらないようにするのは基本中の基本です。

白はNG!というのはよく知られていますので、これまでわたしが働いていた結婚式場でも、全身真っ白のパーティードレスを着て参加している女性を見たことはありません。

しかし、白だけに気を付けていると落とし穴にはまる場合もあります。

薄いピンクやクリーム色などは、淡くて優しい色合いでお呼ばれドレスにピッタリなように思えますが、光の加減によって白に見えてしまう場合があります。

間近で見れば白には見えなくても、ライトが当たったり写真のフラッシュが光ると、淡い光が飛んでしまうからですね。

なかなか自分では分からないので、ドレスを選ぶ際には店内で写真を撮ってみたり、一緒にお買い物にきたお友達にアドバイスをもらうなど、第三者目線で確認することも大切です。

全身が黒のドレスもNGなので気をつけましょう。会場の雰囲気を暗くするのはもちろん、ブラックは喪服を連想させることから、お祝いの場としてはふさわしくありません。

着回しできて便利な黒ドレスですが、羽織物や小物を別色にするなどの工夫が必要ですね。

オシャレなバイカラーワンピースには要注意

最近目にする機会が増えてきたのがバイカラーのワンピースです。

結婚式だけでなくちょっとしたカジュアルなパーティーにも着て行けるデザインも多く、定番パーティードレスではあきたらないという女性に多く好まれています。

バイカラーはパッと目を惹くおしゃれができますが、色が分かれていることから「別れ」を連想させるので好ましくないと考える方もいます。

特に年配層では縁起を担ぐ方も多いので、参加する結婚式の雰囲気や年齢層を考慮して選ぶようにしましょう。
若い世代やカジュアルな雰囲気のパーティでしたら、気にしない人も多いです。

また、全身白になるのを避けるために上半身が白で下半身が色付きのバイカラーワンピースを選ぶ方もいます。

しかしゲストは着席している時間が長いので、座っている間は下半身が殆ど見えません。全身白のドレスに勘違いされてしまう可能性もありますので要注意ですよ。

上半身が白系のドレスでは、白以外のボレロやショールを羽織るとマナー違反を避けることができます。

海外セレブのようにノースリーブを着ても良いの?

海外ドラマで結婚式のシーンを見ていると、肩を出したドレスで参加している女性をよく目にします。

とても華やかで開放感があるので、海外セレブ好きの女性でしたらノースリーブドレスに憧れる方もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら日本では、昼間のフォーマルでは肩を露出するノースリーブはNGとされています。

 

逆に、夜のフォーマルでは肩や背中などを露出させたイブニングドレスが正装です。

しかし一般的には日中に行われる結婚式の方が多いので、可愛いドレスだからといって昼間には肩や背中を露出するのは避けたいですね。

ふさわしいドレス選びをしよう

小物使いで上手にアレンジ

白系もダメ、黒もダメ、ノースリーブまでダメ!となると、ますますドレス選びには悩んでしまいますね。

でも、そのまま着ればマナー違反のドレスも、小物を使ったアレンジで解決できる可能性がありますよ!

小物でバリエーションを広げれば、マンネリ気味のコーディネートも新しい装いに生まれ変わります。

写真や遠目で見ると白く映りがちなベージュや薄ピンクは、差し色にダークカラーのボレロやショールなどを羽織ると安心です。

特に黒のボレロはどんなカラードレスにも合わせやすく、太って見えやすい淡色のドレスも引き締まって見えるのでおすすめですね!

ベージュや薄ピンクは女性らしい雰囲気を演出することができるので、小物を使って上手く着こなせば女子力アップできます。

黒のドレスを着る場合は、全身黒で統一しないようにショールや靴、バッグなどを明るい色にしましょう。

また、黒のドレスでも胸元にビジューが付いているデザインなら、一気に華やかでパーティーらしい雰囲気になります。

大人っぽいコーディネートになるので、童顔の人が着ると年齢的なバランスがとれますね。細身効果もあるので、スタイルに自信がない人にもおすすめです。

お気に入りのノースリーブドレスだって諦める必要はありません!ショールなどで肩や背中をおおえば、何の問題もなく着ることができますよ。

ちょっとカジュアルなデザインのワンピースでも、フォーマル感のある羽織物を合わせることで結婚式にもぴったりなコーディネートが完成します。

主役の新郎新婦に華を添えるドレス選び

結婚式は新郎新婦にとって、一生に一度の大切なイベントです。悪気はなくてもNGドレスを着て行ってしまったら、幸せな二人に水をさしてしまいますよね。

大切な友達の晴れの日だからこそ、TPOにあわせたドレスを選びましょう。パーティに華を添える素敵なお呼ばれドレスでおしゃれをして、楽しいひと時を過ごして下さいね!

 


miaya

育児に奮闘中のアラサー。金融機関や結婚式場などで勤務した経験を活かしたコラムを中心に幅広く執筆中。

関連記事

ファッションに敏感な10代~20代女子の味方!女性に大人気の「夢展望」とは?

レディース服通販ならnissen!ニッセンカタログから簡単に注文ができます

カタログ通販「フェリシモ」をもっと楽しくお得に使いこなす方法

上質なインナーのお店!機能性とお洒落を兼ね備えたワコールについて

ネットで医薬品も購入できる!薬剤師が在籍するドラッグストア「ケンコーコム」

アドセンスポリシー

知っておくと便利!ZOZOTOWNの賢い使い方

脈無しの片思いな恋でも、チャンスを掴む3つの効果的なアプローチ方法

JALに乗るなら使いこなしたいマイルと快適な空港ラウンジ

簡単にコーディネート力をアップさせる「ZARA」