オトナ女子のライフスタイルマガジン「Ladies&Sheep」

レディース&シープ

ダイソン製キャニスター型サイクロン式掃除機のメリットとデメリットを解説。

「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」ダイソンとは

ダイソン

スポンサードリンク


ダイソンのクリーナーと言えば「ダイソン…吸引力の変わらないただ一つの掃除機」というフレーズで有名ですね。

高級サイクロン掃除機としてダイソンの知名度は一気に上がりましたが、日本のメーカーも後追いでサイクロン掃除機を次々と開発しています。

同じ仕組みのサイクロン掃除機が出そろったことで、ダイソン製クリーナーの弱点もだんだんと見えてきました。

たとえば初期のダイソンクリーナーの主な弱点として『音がうるさい』『吸引仕事率が低い』『ノズル部分の安全機構がない』などがありました。

しかしダイソンも発売されてかなりの年月が経ち、改良を重ねることでいくつかの弱点は改善されています。

今回は、ダイソン製クリーナーの特徴やメリット・デメリットを解説します。

ダイソンクリーナーのメリット

ダイソン

吸引力が落ちにくい

紙パック式のキャニスター掃除機に比べると、サイクロン式掃除機は吸引力が落ちにくくなっています。

これはサイクロン掃除機が、空気の渦と遠心力を利用してゴミをダストカップ外側に、空気を中心に集めることによってフィルター部分が塞がれにくくしているためです。

ですがこれは他メーカーのサイクロン式掃除機も同様で、現在ではダイソンだけのメリットではありません。

特許を取った特殊形状こそ真似をすることはできませんが、現在はどのメーカーのサイクロン式クリーナーでも、吸引力は落ちにくくなっています。

ダイソン

細かなゴミを吸い取る能力が高い

ダイソンのゴミの吸い取る力の半分以上を担っているのは、ヘッドノズルの作りです。

床の接地面からなるべく空間を作らず、吸い込む方向を前方のみと制限し、強力なブラシを用いることで、ゴミを吸い取る高い能力を備えているのです。

海外の家屋と同じような毛足の短い絨毯や、フローリングなどの床を採用している家であれば強い効果を発揮しますが、毛足の長い絨毯や畳などはあまり適していません。

海外など土足で過ごす住宅において、細かな砂が部屋中に散らかることが多い環境下で最大の効果を発揮するように作られています。

ごみ捨てがワンタッチ、手が汚れにくい

ダイソン

これは日本のメーカーも採用しているところが多いですが、安価な掃除機ではゴミ捨て時に手が汚れてしまうことが結構あります。

ですがダイソンの最新クリーナーでは、ダストカップ底からスイッチ一つで『ストン』と吸い込んだゴミを捨てる方式が採用されています。

ゴミ捨てがワンタッチで、手が汚れにくくなっている点は評価しても良いでしょう。

ダイソンクリーナーのデメリット

ダイソン

吸引仕事率が低い

『吸引仕事率』とは、ヘッドノズルを付けた状態と、ノズルを一切付けない状態で計測された『純粋に空気を吸い込む力(吸引力)』を指します。

ダイソン掃除機のメリットとして『細かなゴミを吸い取る能力が高い』と書きましたが、その大半はヘッドノズルの作りと、ノズル部分の接地面の低さによるものです。

モーターによる空気を吸い込む力は、実は一般的な紙パック式掃除機よりも低いのです。

日本の高級サイクロン式クリーナーの場合、メーカーにもよりますがだいたい200~410Wです。ダイソンは非公開ですが、計測値では180~280W程度と言われています。

ですので、良く言われる「ダイソンの掃除機はゴミが良く取れる」「ダイソンの掃除機は吸い込む力が弱い」というのは、両方とも真実なのです。

日本メーカーの掃除機は『空気を吸い込む力を上げてゴミを吸い取る能力を高める』のに対し、ダイソンは『ブラシの形状を特殊化してゴミを吸い取る能力を高める』のです。

ダイソン

粉や砂などの粒ゴミは小さな隙間も通りやすく、接地面が低いダイソンでも吸い込めるのですが、ある程度以上の大きさの紙ゴミなどは、ブラシの隙間を通りにくい欠点があります。

吸引仕事率が低くノズル接地面が低いダイソンの掃除機では、一定の大きさ以上の物を吸い込みにくいというのがおそらく最大のデメリットでしょう。

また最新のダイソン製キャニスター掃除機は、冒頭に記した『ノズルヘッドの安全性』のデメリットを解消した代わりに、ノズルが詰まるとモーターが停止するようになっています。

家電量販店で稼働するダイソン掃除機のヘッドノズルを外して吸込み口に直接手のひらを当ててみると『一般の紙パック式掃除機より吸引力が弱いこと』が実感できます。

電器屋さんでダイソンのデモ機をみつけたら、ぜひ試してみてください。

ダイソン

昔から、カーペットや畳にこぼした水分をとるために掃除機を使った方法があります。

布巾を水がこぼれた場所に置き、ヘッドノズルを付けないで布巾ごと吸い込むことである程度の水気を掃除機で取るという方法です。

しかし、ダイソン掃除機ではこの方法が使えません。

また布団圧縮袋など掃除機の吸引力を使って布団を圧縮することも、ダイソン掃除機は頻繁にモーターが止まってしまうため、まともに使用はできないでしょう。

普通の掃除以外でも掃除機を活用したい人にとっては、このような点はデメリットです。

操作がやや重い

ノズルが小さく、接地面が低いので弱い吸引力仕事率でも絨毯などにへばりつきやすいのがダイソンの特徴です。

また、日本の高級キャニスター式クリーナーにあるような『自走機能』が仕組み上付けることができないので、床の材質や形状によっては操作を重く感じることがあります。

ダイソン

日本製サイクロンクリーナーに比べると音がうるさい

初期のダイソン製キャニスター式クリーナーは、それこそ本当にうるさくて酷い物でした。

しかし現在ではかなり改善がなされ、以前のタイプより騒音も50%程度低減されています。

ですが日本のサイクロンクリーナーと比べると、それでもやはり動作音は大きめです。

これはヘッドノズルに強力なブラシを採用していること、静音化が日本の掃除機ほどに求められていなかったことが原因としてあげられます。

特にヘッドノズルはダイソン製クリーナーでゴミを吸い取る力の半分以上を担っているので、ダイソンを使う以上はある程度仕方ないと割り切るべきでしょう。

ダイソン

頻繁なごみ捨て&定期メンテナンスが必要

これはダイソンに限らず、全てのサイクロン式クリーナーに共通するデメリットです。

紙パック式クリーナーのようにごみ捨て時に手が汚れることはありませんが、こまめにダストカップのゴミを捨てないと、いくらダイソンの掃除機でも吸引力が落ちてしまいます。

また紙パック式は紙パック自体がフィルターとなるため、紙パック交換がフィルターの交換とメンテナンスを兼ねています。

そのためメンテナンスの必要性は低いのですが、サイクロン式掃除機はダイソンに限らず1年に1回程度はフィルターなどのメンテナンスが必要になります。

デメリットは多いが、環境によっては十分な効果を得られる

ダイソン

現状価格5~10万円以上する価格も含め、デメリットの多いダイソンのサイクロン式クリーナーが売れているのは『マーケティング戦略のおかげ』であることは否定できません。

日本のメーカーは宣伝下手が多いので、非常に良い機能を持っていても宣伝不足で売れないということが多いです。

他メーカーの課題として、口コミやYouTubeなどのネット媒体なども積極的に活用して、もっとメリットを分かりやすく伝えるなどのマーケティングに力を入れるべきでしょう。

そういう点では、もっとダイソン社を見習うべきでしょう。

ダイソン製掃除機は使用する環境が、フローリングや短毛の絨毯、粒状のゴミが多い家庭、砂ゴミが多い車内などのダイソンに合った環境下であれば、値段に見合う価値があります。

土足可などの西洋式家屋に特化した掃除機と考えて購入するのがポイントです。

実際のダイソンの実力を確かめたい場合は、実働可能なクリーナーが多くの家電量販店に置いてあるので、他の日本製のサイクロン式クリーナーと比較してみてしてください。

ダイソン

ダイソン公式サイト
https://www.dyson.co.jp


ライター名 :おすぎ
プロフィール:好奇心いっぱい!の兼業主婦。世の中の様々なできごとにアンテナをはりめぐらし、面白いコト、お得なコトを発信していきます。

関連記事

知っておくと便利!ZOZOTOWNの賢い使い方

インターネット通販での領収書発行の注意点

ファッションをもっと自由に!トレンドファッションならGUにお任せ

チョコクロや焼きたてパンで人気!サンマルクカフェの魅力

定番もトレンドも、毎日のファッションは最大級ECサイトの楽天におまかせ!

美味しくて人気のドーナツといったらミスタードーナツでしょ!

もっとポイントが溜まっていく!何でも手にはいる巨大通販サイト「楽天市場」

「Right-on(ライトオン)」の魅力的なセール!オンライン限定先行予約でお得にお買い物

ファッションに敏感な10代~20代女子の味方!女性に大人気の「夢展望」とは?

ダイソン製キャニスター型サイクロン式掃除機のメリットとデメリットを解説。